再就職先でもうつに

平成15年4月、私は再就職先に勤めだした。・・・正直、半年のブランクは、とても辛いものだった。ただのブランクではない。ほとんど何もしていない、寝てばかりの日々が何ヶ月もあったのだから。その上、前職が私一人の部署で、誰も教えてくれる人がいなく、全て我流で仕事をしていた。

今回は、上司や同僚がいる。同じ仕事をしてても、自分だけが怒られる。前職での私の仕事が、同じ職種の人間から見たら、手順も方法もめちゃくちゃで、とてもじゃないが患者さんの前には危なっかしくて立たせられないレベルだった。しかし、私と同じ職種の人がいなかったので、誰も気づいたり、注意したりしてくれる人がいなかったのだ。

上司曰く、「経験があるとは思えない。今まで仕事ができていたのが不思議なぐらい。新人が最初に習うであろう基本が、全然できていない。そんなんで、患者さんを任すわけにはいかない」と、言われる。自分だけ、患者に関わる事を許されず、誰もいない部屋で機械操作の手順を反復する日々が続いた。

ただ、うつになってから、集中力などがなくなり、物の覚えも悪くなり、自分は一生懸命勉強しているつもりなのに、それがちっとも頭の中に入らず、同じ失敗を繰り返す日々が続いた。そして、患者さんの前に立つ事を許されなくなって、あっという間に4ヶ月が過ぎた。この時期、職場で、上司と人事部長が話していることを聞いてしまう。

「SHUくんなんですが、全然臨床で使えるレベルまで達していません。私も我慢強く教えてきましたが、何度も同じミスを繰り返し、改善が見られません。できれば、違う人を雇いたいと思っているのですが・・・」去年の、全職場での出来事が、フラッシュバックした。あの時も、自分でなんとか頑張ったけど、それが全然認められなかった。そして、辞める羽目になった。

また、同じ事を繰り返すのか・・・そう思うと、最初に発病した、去年の夏程ではないにしろ、欝欝とした気分になってしまった。動けないことはないが、何をするにも億劫になってきた。特に朝、起きるのに時間がかかる。

通院先の主治医に相談すると、「また1ヶ月ぐらい休むかい?最初に休んだ時よりはずっと体調はよさそうだし、今度は復職できるかもしれない」と言い、診断書を書いてくれた。最初に休職した時は、診断書を持っていくのも、話をするのも、全部親に任せていたが、今回は、自分で診断書を上司に渡した。

ここで「どうせ使えない人材なんだから、クビだ」と言われたらそれまでだ。と、開き直ることもできていた。しかし上司は、「よし、1ヶ月休んで来い」と言ってくれた。上司に感謝しつつ、平成15年8月から、一ヶ月間、再び休職をすることにした。ただ、前回と違うのは、「また復職してやる」という、自分の前向きな気持ちがそこにあることだった。

続きを読む

HOMEへ戻る