働きたい!!と思える状態に

季節は巡り、雪がちらつく冬になった。だいぶ調子の良くなった私は、家で手伝いをしながら、ハローワークインターネットサービスや、医療系の求人情報掲載サービスで、求人情報を眺めるのが日課になっていた。そこで、一つ気になる求人を見つけた。その病院は、設立してまた1年経っていない病院。今回、業務拡大する為に、求人を出していた。

業務拡大・・・病院の規模から言って、色んな仕事ができる、と思った。病院の情報を調べれば調べるほど、「やってみたい。ここで働いてみたい」そう思えた。父と母に、その事を相談する。母は反対だった。

「あんたはまだ病気だ。落ち着いていない。足が地に着いていない。働けるわけがない」と。一方父の方は、「やれるかやれないかは、今問題じゃない。今、お前が「働いてみたい」と思えてきてる事が重要。やってみなきゃわからんし、飛び込んでみたらどうだ」と、母とは全くの逆意見。母も譲らない。「そんな事言って、またおかしくなったらどうするの!?もうあんな疲れる日々は嫌だわ!!」

・・・こうして、父と母は、その日からケンカが絶えないようになってしまった。どうすればいいんだろう・・・どっちの道を選んでも、父・母・どちらかの意向に添えなくなってしまう。そんな事を考えていると、父が自分の部屋に入ってきて、言った。

「こんな感じで、お父さんとお母さんの意見は平行線だ。ここは、お前が自分の意思で、自分にとって最善だと思う道を歩きなさい。お前の道は、お前の為にある。お父さんやお母さんの為にあるわけじゃない。お父さんが、こう言ったから、とか、お母さんは違う意見だから、とか、そんな事考えないで、自分の事だけを考えなさい。もう、いい加減、親を卒業しなさい」この言葉に、目が覚めた。

自分は、まだ親を頼ってる。親の意見に従おうと思ってる。でもそれじゃダメなんだ。自分の道は、自分で決めなくちゃ。1日考えた末、その病院に、「採用希望」のメールを送付した。

続きを読む

HOMEへ戻る