うつ病になった方(疑わしい方)がご家族にいる場合の対応

  • まずは、病院に本人の代わりに予約してでも、病院に行かせる。

うつ病になる方は、元来の性格が責任感が強く「こんなことぐらいで」と、仕事を休もうとしません。明らかに病的な確信がご家族の方にあるのなら、多少強引なことをしてでも病院に連れて行くようにしてください。「うつ」は早く病院に行けば行くほど治りも早く、遅くなればなるほど二次曲線的に治療にかかる時間は長くなります。

  • 病気であることを自覚する(させる)

精神科などの病院に行き、「うつ」と言う診断が下されたとします。ご家族の方もショックで、なかなか現実を受け入れられないかと思います。しかし、医師の診断が下された以上、それを受け止めなければなりません。医師の話をよく聞き、納得できるまで質問し、「病気」であることを、まずご家族が自覚しましょう。

そして、本人です。ご家族以上に現実を受け入れられないと思います。しかし、ここは、医師の話をしっかり聞き、「医師の診断をしっかり受け止めるべき」と言うことをしっかりと自覚させてください。これができないと、治療も思うように進みません。

  • 励ますことは厳禁

普通、病気になると、「早く元気になるようにがんばれよ!」などと言う励ましの言葉が常套句になっています。しかし、この言葉は、うつの患者さんに対しては厳禁です。

うつになった患者さんは、もう既に頑張り過ぎていて、ボロボロになっている状態です。これ以上ないぐらい頑張ってこられた患者さんに対し、「今以上頑張れ」と言うのは、死人に鞭打つのと一緒です。逆に、「頑張りすぎないで、自分の身体のことを大事に考えてね」と、優しく伝えてあげましょう。

  • 時には服薬を管理するのも家族の仕事

うつになると医師から薬剤が処方されると思いますが、「なかなか良くならない」「薬を飲んでも眠れない」など、現在の処方に対する不信感や、「もう死んでしまいたい」などという自殺願望が出た時などには、通常より多くの薬を飲んでしまうことがしばしばあります。

こうなると、患者本人に服薬を任せるわけにはいきません。薬は全部ご家族が預かり、言葉は悪いですが「患者さんに見つからない場所に隠して」、服薬の時間になったら医師の指示通りの量「だけ」を渡してあげてください。

患者さんは、「自分の飲む薬も自分で管理させてくれないのか」と傷ついたり腹を立てたりするでしょうが、気がつかないところで大量に薬を飲み、亡くなってしまうよりはましです。こういう状態の時は、自殺防止の為に、包丁などの刃物も隠しておきましょう。

  • 自分だけで背負おうとしない。身近な人に助けを求める

私がうつになってから数日は正直自分では誰に何を言ったのか覚えていないのですが、両親が疲れ果てており、父は後日、「あの時は正直、本当に我慢してた。何を子供みたいなことを言ってるんだ、と思った」と言っていました。

しかし、私の両親は父と母お互いに支えあって私の面倒を見ようと思ったそうです。しかし、これが配偶者がうつになり、小さなお子さんなどもいる場合、全部自分でやろうとすると自分も潰れてしまう恐れがあります。こういう時は、友人や兄弟、両親、とにかくさまざまな人にSOSを出してください。患者がうつの時もSOSを出すことが多いですが、それを支える方もSOSを出していいと思います。

  • (配偶者、恋人の場合)「愛してる」「あなたが必要」と愛情表現をする

うつになった方は、「虚無感」などを感じることが多いです。「俺は世の中のお荷物だ」「誰にも愛されていない」などと言った事を思うようになります。配偶者や恋人に対しても、「どうせこんな病気の俺なんて、嫌いになっただろ?」「俺と別れて、健康な人と幸せになれよ」などと言うようになります(私もなりました)。

そんな時こそ、普段はなかなか口にしないかもしれませんが、敢えて「あなたを愛してる」「私にはあなたが必要なの」と、ちゃんと「口に出して」伝えてあげてください。茶化さないで、真剣に。

あなたの真剣さが伝わったら、「そうか、自分は一人じゃないんだな」と思うようになります。・・・しかし、また元に戻ってしまうこともあるでしょう。「あの時はあぁ言ってくれたけど、もう愛想尽きただろう・・・」などと。

そういう時は、何度でも、繰り返し、伝えてあげてください。間違っても「あの時言ったこと忘れたの??」などとは言ってはいけません。「あんなに真剣に伝えてくれたのに、それを疑うような事を言ってしまった」などと自責の念にかられ、自殺願望を与えてしまうこともあるからです。辛抱強く、同じことでも、何度でも伝えてあげましょう。

続きを読む

HOMEへ戻る